アクセスランキング

修羅の華-家庭・生活まとめ

当ブログは家庭・生活全般、修羅場な場面、その他管理人の気になった 記事などをまとめたサイトです。

恋愛関係

985: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)11:46:16 ID:Tyg
若い頃付き合っていた男Aは実業家で小金持ちだった
フツメンだけど背は高くおしゃれだったのでモテモテ
性格は当然自信家で傲慢…ってハーレクインの相手役みたいだねw
二股どころか四股かけられたこともあった
というか、私が浮気相手だったのかもしれない
続きを読む

134名無しさん@おーぷん : 2017/03/17(金)17:06:00 ID: ID:NNW

交際前は食事といっても友人グループで居酒屋が定番だったから
彼が自分の腹具合を調節できない人間だと気付いたのはデートしてからだった
単に食が細いとかその日たまたま食べ切れなかったっていうのならわかるけど
彼の場合、自分で大盛やセットメニューを注文してかなりの量を残す
続きを読む

89名無しさん@おーぷん : 2017/03/11(土)09:27:43 ID: ID:8gk

会社の同僚で、まだ正式に付き合ってはないけど
二人で飲んだり遊びに出かけてたA子が
彼女と同じ部署のBさんという容姿の地味な先輩が30過ぎて色気付き出した、と
馬鹿にした感じで報告してくるようになった
続きを読む

941: 名無しさん@おーぷん 19/06/29(土)11:42:43 ID:PBZ.v8.75
俺=31 彼女=27 親50代後半
うちの両親は子供嫌いで、うるさくしていない子供でも、
見ると舌打ちしたり、シッシッ!と手で追い払うしぐさをしたり、腕を振り上げて威嚇する。
子供は叩いて育てないと、親を馬鹿にする子に育つ!がモットーで、
近所や親戚にも、その考える押しつけて、もっと叩かないと駄目じゃないか!と言う。
続きを読む

410: 名無しさん@おーぷん 19/07/13(土)21:32:54 ID:hG5.f5.wp
過去の恋愛を清算しない人たち。
田舎の出身なので、元彼たちの情報がお節介な人からのタレコミや
SNSのタグ付けなんかで自動的に入ってくるんだけど、何人か怖いのがいた。
続きを読む

53名無しさん@おーぷん : 2017/03/06(月)14:40:01 ID: ID:mLg

彼氏のあだなが「ポンポン」だった
名前には「ほ」と読めるような漢字はなく、
「タケシ」だとしたら「タケポン」になって、そこから「ポンポン」になったらしい
彼氏はそのあだ名を友人たちにも使うよう言っていたが、
私は普通に呼びたかったので普通にタケシと呼んでいた
続きを読む

365: 名無しさん@おーぷん 2017/05/15(月)00:40:34 ID:6jt
長文でふ。
私が大学1年の時に付き合った大学院生。
知り合ったのは高校の時からのバイト先に彼が入って来たから。
私はランチからディナーで、
彼はディナーから深夜時には朝までバイトしてた。
そのちょっとシフト被ってる時にお喋りしたりしてたら
私はいつの間にか好きになってた。
続きを読む

31: 名無しさん@おーぷん 19/08/02(金)11:14:59 ID:bM.cd.L4
彼氏と結婚の話が出て、前々から共働きで家計折半と決めてたからそれはいいんだけど
「毎日俺より早く帰宅して、あたたかい食事を作って待っていてほしい」って
キリッと顔で言われて引いた。
私の業種は繁忙期が年四回あるし、納期が近くなると社を上げて帰りは22時~23時になる。
それに彼より必ず早く帰れると決まった業種でもない。
それは彼氏も知ってるはずなのに、何言ってんだろ?と思ってたら伝わったらしく
「残業にならないよう、調整して働けばいよね?」と言われた。
続きを読む

331名無しさん@おーぷん : 2017/04/29(土)02:43:47 ID: ID:FJB

小説のタイトルにいちいち反応する、自意識過剰な元彼

自分は読書が趣味。
元彼が遊びに来ると、読み指しの小説タイトルにいちいち反応する。
例えば『赤目四十八滝心中未遂』なら、「え?心中?まさか俺と心中したいわけじゃないよね?」
例えば『私の男』なら、「え?私の男ってどういう事?まさか俺を縛る気?」
続きを読む

288名無しさん@おーぷん : 2017/04/23(日)09:54:20 ID: ID:ECT

同棲1日目に私が持ってきたぬか床を
「俺、ぬか漬けにはうるさいんだよね。ばあちゃんが漬けてたから。」とおもむろにあけて
「ばあちゃんのはもっとベチャっとしてたよ。」と飲みかけの缶ビールの残りをドバーッした彼。
ぬか床は翌日、彼は翌月捨てました。
1人では少々広かったけど、ペットのお◯ちから大型犬を迎え入れて今は幸せ。

続きを読む

このページのトップヘ