アクセスランキング

修羅の華-家庭・生活まとめ

当ブログは家庭・生活全般、修羅場な場面、その他管理人の気になった 記事などをまとめたサイトです。

    不倫・浮気

    88: 電話 ◆/Pbzx9FKd2 2018/08/28(火) 12:10:14.70 0
    相談させてください。 

    【相談用テンプレ】 
    ◆現在の状況 
    浮気相手を名乗る人から電話があり、直接会って話をしたいと言われた。 
    ◆最終的にどうしたいか 
    黒なら制裁&離婚。 
    続きを読む

    896: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)12:39:51 ID:YeH
    以前勤めてた会社で、同僚同士で不倫した人たちがいて、男性側の奥さんが会社に興信所の調査書を持って凸してきた
    社内の風紀を乱したという理由で2人を懲戒解雇するように言ってきたのでその場で顧問弁護士呼んで対応してもらった
    興信所の調査を見る限り勤務時間外の不貞行為だったので、懲戒解雇の理由には弱いと顧問弁護士がばっさり
    実際社内で2人が不倫してたことを知っていた人は誰もいなくて(知ってても黙ってただけだろうけど)
    風紀を乱したという理由も弱く、会社から退職を推奨するのがよいと結論付けた
    奥さんが納得してくれなくて大変だったけど、顧問弁護士が
    「依願退職なら退職金が出るからそれを慰謝料として取ればいい、自分の知り合いの弁護士を紹介しますよ」
    と言ったら引き下がってくれた
    続きを読む

    251: 名無しさん@おーぷん 2016/05/02(月)18:52:01 ID:2hp
    俺が小学校低学年の時に両親が離婚して
    ずっと父親のDVと不倫が原因で
    養育費とか慰謝料貰わず逃げるように離婚したって吹き込まれてて
    それが全部嘘で不倫したのは母で養育費も貰っていたし
    それを全部母と再婚相手が使い込んでいて
    父親は何度も面会を望んでいたみたいだったけど
    それも勝手に俺が会いたくないと嘘ついて面会も拒絶していたのがわかった時が最大の修羅場だったなぁ

    今はもう自立して母とは連絡とってない。
    父とは誤解もとけて、父の再婚相手と異母兄弟の弟たちとも仲良くさせて貰っている。

    続きを読む

    500: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/22(月) 16:22:57
    浮気がバレた。 
    謝ったが嫁は離婚すると言って聞かない…

    501: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/22(月) 16:26:51
    >>500 
    アホだなー 
    バレたら離婚の覚悟もなく浮気したんか?

    502: 500 2008/12/22(月) 16:30:41
    バレる前にやめるつもりだったし、嫁は俺に惚れてるから結局許すと思ってた。 
    まさか離婚をきりだされるとは思わなかった。

    続きを読む

    873: 名無しさん@おーぷん 2018/01/06(土)13:25:35 ID:j5i
    正月に義実家で旦那が従姉と致していた

    つい数日前の出来事。
    まだ色々テンパっているので乱文+説明不足な点があったらごめんなさい。

    当方、一昨年の暮れに結婚した新婚嫁。
    ウトメとコトメとも良好な関係を作れていて、28日から義実家に連泊させてもらっていた。
    義実家は大ウトメさんたちが同居していて、大トメさんが元旦生まれってこともあって親戚中が集まった。
    義実家は二階建ての大きい造りの家で、私家だけでなく遠方から集まった親戚は義実家に泊まっていた。
    そのなかに新年早々盛っていた従姉もご主人と子供たちを連れてきていた。
    元旦は朝から酒宴であまり酒に強くない旦那は早々に酔っぱらって二階で休んでいた。
    私は酒宴に参加しつつトメさんとコトメと一緒に料理の追加を作ったり、大トメさんとカラオケでPUFFY歌ったりしていた。
    (大ウトメさんの趣味がカラオケで、自宅に一式ある。)
    ウトさんが孫(コトメ子)とデュエットしていた時、突然コトメの怒鳴り声が二階から聞こえた。

    続きを読む

    547: 名無しさん@おーぷん 2017/11/26(日)21:28:53 ID:C6s
    返品した元夫がロミオと化してきたので書き込み。愚痴もあるのでウザイと思ったら読み飛ばし推奨。

    結婚3年目で半年前に離婚。
    結婚してすぐ授かった子を流産して以来子供ができなかったから小梨。

    家庭が壊れはじめてきたなと思ったのは1年ほど前。
    元夫の仕事の都合で元夫の地元に引っ越したことが発端。
    家に元夫の兄の彼女(以下T)が毎日のように家に押しかけてくるようになった。

    そのTと元夫は部活の先輩後輩だったらしく、気心が知れているからお悩み相談だと言っていたけど、毎日のように夕方に押しかけてきてタダ飯とタダ酒飲んで日付変更ギリギリにやっと帰っていく。
    その間私はパシリ。
    残業で私の帰宅が遅い日でもお構いなしだった。
    何より癪に障ったのは、明らかにTが男受けを狙っているところだった。

    続きを読む

    676: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)06:14:12 ID:oXObXp7Kt
    旦那が単身赴任中に女を作られて同棲までされ、こっそり帰郷もして旦那の親に再婚相手として紹介されてた事がある
    旦那親も女が私より学があって、貧しい生まれ育ちの私と違って家も裕福な浮気相手との再婚に賛成してた
    私は生まれたばかりの子供と幼児二人の計三人の子供を抱えてたのに
    何だかんだと生活費も一円も送金してくれなくなって、乳飲み子抱え途方にくれて母に子供たちを預け働いたけど、家賃払って何とか生きるだけのお金しか稼げなかった
    毎日バス代を抑えるため往復20キロ以上かかる宅と実家、パート先への道を歩いてた
    お金が作れなくて、音信不通になった旦那の赴任先にようやく行けたのは連絡が無くなってから3ヶ月近くたってから


    続きを読む

    617: 名無しさん@おーぷん 2014/09/15(月)19:23:38 ID:rcIKhskOv
    私が離婚したのは12年前。
    元夫が勤めてた会社から一部業務を暖簾分けという形で譲り受け独立した事がきっかけだった。
    工場新設とか色々と立ち上げに際して資金繰りにも苦労していて元夫は3年近く殆ど家にも寄り付かない状態だった。
    私は二人の娘を親に預けたりしながら前に務めていた会社に復帰して何とか家計をやりくりしていた。
    結果的に私はそこの同僚と男女の仲になってしまった。
    向こうも妻子もちだったけど既に別居中で離婚のタイミングを模索してる状態だった。
    好きになったのは向こうから。
    馬が合う人とは思ったけど不倫してまでとは最初は思わなかった。
    子供もいるし。
    でも何度も好きだって言われれば誰だって悪い気はしない。
    自然と元夫よりそういう目でみてくれる今の夫の方に心惹かれるようになっていった。
    でもダラダラと不倫生活を送っていくつもりはサラサラなかった。
    付き合いだして三ヶ月目でこの先どうするつもりなのか聞いた。
    向こうは私が一緒になってくれるなら今すぐにも離婚すると言ってくれたので、じゃこっちもそうしますと、そういう流れ。


    続きを読む

    452: 名無しさん@おーぷん 2014/09/04(木)02:57:19 ID:qVijhRTI9
    スポーツ選手じゃないけどゾーンに入った話

    私と元がつく旦那は中学の同級生
    中学の卒業式から付き合い始めて10年目に結婚した

    周りからは10年愛だのなんだの散々盛り上げられ、憧れられていた
    でも実際は長すぎた春で10年愛でもなんでもなく
    半年間のラブラブ期間と9年半の倦怠期
    ラブラブとはかけ離れた中高年夫婦みたいな状態だった

    私達が25歳の時、それぞれ親に呼び出され
    呼び出された料亭に行くと2家族が揃ってた

    続きを読む

    885: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)08:45:26 ID:iFQ
    昨日長女が家に来て結婚の報告に来て、そのついでに縁切り宣言までされてしまった。
    まあこの縁切り宣言は仕方のないことだと思うし、正直ほっとした面もある。
    でも私のことをぼろくそに言われたことが納得できない。
    私自身自分の性格が良いとは思わないし執念深い人間だとも思う。
    でも、私にはこうする以外方法がなかったということも理解してほしいが、
    理解してもらえることがないことがつらいというか、腹立たしい。
    そもそも26年前に夫が不倫したことが事の始まりで、その不倫相手に子供ができてしまったのです。
    最初彼女は私に離婚をしてほしいと言ってきたのですが、当時私が夫の実家の商売には欠かせない人間
    だったこともあり、義両親のものすごい反対と、私が慰謝料と財産分与を求めたことで、
    夫自身にその気がなくなったこともあり、結果認知と養育費の一括支払いで、
    彼女と縁を切ったのです。この時の子供が長女でした。
    続きを読む

    このページのトップヘ