修羅の華-家庭・生活まとめ

当ブログは家庭・生活全般、修羅場な場面、その他管理人の気になった 記事などをまとめたサイトです。

オカルト

841 :おさかなくわえた名無しさん 2015/06/16(火) 01:57:43 ID:XLOnwqwx.net
誰に話しても創作乙wと笑われ、
自分でもあれは夢だったのか?と思う人生で一番驚愕した出来事。
私の親友との話しなんだけど、
数年前に当時二十代前半の女二人で温泉旅行に行った。
旅館の和室に仲良く布団を並べて就寝、
しかし常は一度寝たら
朝まで熟睡型の私がその夜は珍しく途中で目が覚めた。
何とも言えない寝苦しさに加え、
なぜか息をするのが辛くなったのだ。
それで薄明かりの中、
不穏な気配を感じて隣の親友に恐る恐る目をやった。
続きを読む

230: 名無しさん@おーぷん 21/02/09(火)02:34:52 ID:4O.ya.L1
同僚のアパートで飲んでたら、
同僚がぽつりぽつりと昔付き合ってた女の話を始めたんだよな
自分にもすごく入れ込んだ女がいたんだって
一緒にいるとこっちまで明るい気持ちになる、
天真爛漫な子だったそうだ
でも彼女、病気で入院しちゃって
同僚は見舞いに行ったけど振られたって言ってた
「綺麗なわたしだけ覚えていて」
「もう来ないで」って言われたんだと
それからしばらくして、
夜同僚が寝ていたら部屋に何かが入ってきたらしい

続きを読む

836: 名無しさん@おーぷん :2016/05/03(火)18:58:25 ID:VD0
もう30年程前のお茶請け程度のオカルトちっくな修羅場
高一の1学期終業式で
友人3人とエンジェルさんをしていた
紙に書いてシャーペンで3人が持ったまま「お願い」するって感じ
で、その途中である男子(A)が
教室に入ってきて私達がやっているのを茶化し
3人の手を振りほどいてしまった

続きを読む

1/2へ


369: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:26:41.67 ID:Cf9Z2/cF0
俺は大学へ入学した。
さして頭も良くなかったが、
推薦でそこそこの大学に入学することが出来た。

サークルへ入り、
授業にちょこちょこ出ててはサークルに入り浸り、遊び回る。
まあ、どこにでも居そうな大学生だった。

そんな代わり映えのしない日常、
異変が起きたのは大学3年生、サークルの合宿中だ。

続きを読む

2/2へ


1: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:35:44.34 ID:H74f5dFw0
文章下手だし、長くなると思うけどそれでも聞いてくれる人が居るなら。 

興味あるかな?

2: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:38:24.07 ID:WbxBXPhGi
おなしゃーす

3: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:39:23.02 ID:H74f5dFw0
ちなみに俺は今27歳。 
昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。 
細かな描写はある程度、想像の部分もあるけど勘弁。 

あと謎が多く残る、誰か分かった人が居たら書いた後に教えて欲しい。

続きを読む

305: 名無しさん@HOME 2012/06/10(日) 18:50:48.30 0
じゃあプチ修羅場
隣の賃貸の一戸建ては中も外もリフォーム済みの屋上つき
庭も広々と綺麗な家だ、
スーパーやドラッグストアや駅近でもあり、住宅街だから静か
そこが破格の家賃なんですよ
けど隣に引っ越してくると半年以内に、家族で一番若い人が亡くなる
例外は3年前の昏睡状態の子供で1年もった

そこにまた新しい隣人が越してきたと思ったら従姉妹だった
引っ越すなんて聞いてなかったし、
私をビックリさせようとしたみたいだけど、確かに驚いた
隣のいわくを従姉妹に話して、すぐ引っ越すよう言ってみたけど
従姉妹には二月に産まれたばかりの子供がいる
従姉妹は偶然だと言って、まったく取り合わない今が修羅場

胡散臭いだろうけど、毎回、
一番年の若い人葬式出して半年で引っ越すって気持ち悪いよ

続きを読む

726: 可愛い奥様 2010/02/20(土) 23:43:06 ID:rnLdi3ttO
結婚前、旦那には知り合いの輸入雑貨の会社に
腰掛け程度で勤めていると言ってましたが… 

女性用の大人のオモチャショップを2店舗経営してました。 
今は知り合いに全部譲って引退しましたが、
たまに商品梱包や雑用を
「バイトに呼ばれちゃったの♪」と言って手伝ってます。 

 
続きを読む

233: 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 11:12:10 ID:jJuJBpzV0
私の実家には電話に出る「何か」がいる 
家に誰も居ないとき限定で、
家の固定電話に電話をかけると「何か」が電話に出る 

それが無言でもなくノイズでもなく、
ごく普通に「はい(苗字)です」と、
若い男性(印象としては20前後ぐらい)の声で。 
 
続きを読む

45: 本当にあった怖い名無し 2015/04/21(火) 14:25:53.37 ID:E55dGrq80.net
俺の母親は、俺が小学生2年生の時に死んだ。 

死んだことを納得できず、
そのあと一月くらいは母親が帰ってくるのでは? 
と期待していた。

ある日、学校から帰ると普通に母親がいた。
買い物をすまして夕食の準備をしていた。 
父親が帰ってきたが、母がいることに驚くようすはなかった。 
子供だったので、
母が帰ってきたことがうれしくて、そのまま生活した。 

 
続きを読む

224: 本当にあった怖い名無し 2018/01/06(土) 19:15:45.07 ID:AbZDq/Un0.net
病棟で夜勤していた時の話 

ALSの患者さんで、筋力が落ちて話せない、
動けなくなってしまった女性がいた 
コミュニケーションは文字板といって
『あいうえお、かきくけこ〜』と平仮名が書いてある透明の板を使い、
相手の視線の動きをこちらが読んで理解する


真夜中にその女性から立て続けにナースコールあり、
女性の個室へ訴えを聞くために文字盤で視線を読む
『へ や の す み に』
『く ろ い か ん ご し が い る』

続きを読む

このページのトップヘ