修羅の華-家庭・生活まとめ

当ブログは家庭・生活全般、修羅場な場面、その他管理人の気になった 記事などをまとめたサイトです。

ほのぼの

1: 名も無き被検体774号+ 2013/01/24(木) 00:52:05.84 ID:t5vj4X590
昨日晩酌しながら、ありがとうって言ってみた。 
笑いながら「どしたの?」って
言ってたけど本当に感謝しているよ。

2: 名も無き被検体774号+ 2013/01/24(木) 00:54:38.43 ID:t5vj4X590
自分語りになるけど、書いて行きたい。 
彼女がいなきゃ今頃どうなってたんだろう… 
遅筆だけどお願いします。
続きを読む

903: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/24(日) 23:45:18.13
俺「今日はおじさんといっぱい遊ぼうね!」 
嫁「嫁ちゃん、ママに捨てられたの?( ;∀;)」 

当時、俺27歳、嫁5歳。 
俺に預けられる前日、嫁母に怒られて
言う事を聞かない自分は、俺にもらわれたと勘違いしたらしい。 

嫁母は当時離婚したばかりで就活中。
面接行くのに、どうしても嫁を預ける人がいなくて、ばったり会った
同級生の俺に嫁を預けた。 

嫁母とは同じ地元だったので、それまでもちょくちょく話したりしてた。
そして、当時の俺は新婚だったし、嫁母に職場もしられていたので
安心して預けれたらしい。
続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/01/07(土) 16:36:27.47 ID:Zu0IwJcX0.net 
元上司(36)「台所の電球切れてるから買ってきてくれる?」
ワイ(32)「ああ、わかった」
息子(3)「おかしかってー!」
続きを読む

564: 名無しさん@おーぷん 22/06/18(土) 10:49:19 ID:Ib.qx.L1
コンビニの前においてあるガチャ。
ある日俺がコンビニに行くと、その前で地べた座りしている少年一人。
そしてガチャにお金入れて回してた男の子一人。
その男の子が自分のとった商品を見て帰ろうとするところに
少年が「おいお前」と声をかけた。
ぽかんとしながら少年を見る男の子。
明らかに顔見知り同士ではない。
続きを読む

415: 名無しさん@おーぷん 2015/09/18(金)11:48:24 ID:PO5
一昨日出張がやっと終わり、
4ヶ月ぶりに旦那が自宅に帰ってきた。
パパ大好きっ子の息子を驚かせるべく、
息子には内緒で旦那と幼稚園のお迎えに行った。
続きを読む

506: なご 2011/10/23(日) 12:08:59.61 ID:IPk070hN0
母が亡くなって数年、私も一人暮らししているので父も一人きり。 
そんな父から「今週帰ってこないか」とメールがきた。
珍しいな、と思いつつ家に帰ったら、 
リビングに床から天井まであるキャットタワー、
猫トイレ、おもちゃ複数が散乱してた。 
え、猫飼ってるの?とテンション上げたら 
身長180の厳つい顔の父はしょんぼり肩を落としてテンションが低い。 
続きを読む

855: おさかなくわえた名無しさん 04/03/07 16:56 ID:2m1nTXO4
入社4年目で初めての結婚記念日の日。
社内でトラブルが発生した。
下手したら全員会社に
泊まりになるかも知れないという修羅場なのに、
結婚記念日なので帰らしてくださいとは絶対に言えなかった。
5時を回った頃、T課長が俺を呼びつけ、封筒を渡して、 
「これをK物産に届けろ」と言う。
続きを読む

100: 名無し 22/05/31(火) 12:01:17 ID:kM.no.L1
アラフィフ夫婦で、
下の子が今年就職して家を出てったから夫と二人暮らしになった
この20数年間ずっと夫を「お父さん」と呼んできたけど
夫から
「もう子どもたちはいないんだし、
 お父さんと呼ばなくていいだろう」と言われた
続きを読む

213: 名無しさん@おーぷん 20/02/29(土)15:51:51 ID:sDR
結婚して3年目ぐらいだったと思うけど、
義母と喧嘩したことがあった。
義実家で一緒に台所に立った時に、
包丁の扱い方を巡って注意されたのね。
義母が言ってることは当たり前のことで、私が100%悪いんだけど
その頃の私は仕事と家事の両立のことで
ストレスが溜まってた時でイライラしてて
素直に受け入れられなくて、つい「もー」って言っちゃったんだ。
続きを読む

637: おさかなくわえた名無しさん 03/08/06 22:20 ID:VUcbvyji
ちょっと思い出したので。 
武勇伝ですらない上に、うちの親の話で恐縮なんだが。 

あるとき、バスに乗っていると、降りようとした小学生が
運転手ともめていたそうだ。
話を立ち聞きしてみると、お金をちょうどしか持っていない
のに、間違った路線に乗ってしまって、このままでは家に
帰れない、と涙目になっていたらしい。
続きを読む

このページのトップヘ