896: 名無しさん@おーぷん 2015/07/07(火) 13:34:34 ID:bmq 
まさか自分がなると思っていなかった
ペットロス症候群に陥った時が修羅場だった。

小学生の頃から実家でビーグル犬を飼っていたんだけど、
俺の大学進学の時にペット可の部屋探して一緒に連れて行った。
両親が高齢で散歩きつそうだったから。
大学卒業して就職して社会人になっても同じ部屋で犬と一緒に住んでた。
愛犬家って自覚は特になかったし、べったり可愛がることもなく、
まあ適当に健康に気をつけてやりつつ
完全に日課になってたランニングに毎朝一緒に行くくらい。
犬も俺にべったりとか忠実!て感じもなく、
かといって反抗的なこともなく、ただ穏やかにそばにいた。
ゆるやかに老化していく犬を見ながら、
こいつもいつか死ぬんだなあ、
俺が看取ってやらなきゃな、とぼんやり考えることもあった。

人気記事(他サイト様)



社会人5年目の秋、犬が起きてこなかった。
触れたら呼吸はしていたけど、
なんか、もう死ぬんだとすぐにわかった。
ちょっとした発作を起こして病院に連れて行ったことはあったけど、
その時はなんだか穏やかで、
うまくいえないが「その時」って感じが本当にした。
それからほんの30分くらいで、犬の体が冷たくなった。

自分の異変に気づいたのは犬の埋葬が済んで1週間後くらいからだった。
ご飯の味がぜんぜんしないことに気づいて、すぐ食欲がなくなった。
仕事の効率は変わらなかった。
でも家にいる時がぼーっと抜け殻みたいで、テレビも見なかった。
携帯は仕事用の方以外見なくなったので、
友達から死んだと思われて電話が来たりした。
半年で15キロくらい痩せた。
劇的な回復もなく、
そこから8年くらいかけてなんとなく良くなった。
その間何かと世話焼いてくれた人と一昨年に結婚して、
最近また犬を飼いたいなあと思えるようになっている。
…なんか修羅場感をうまく書けなくて申し訳ないが、
なかなか大変だったんだ。

911: 名無しさん@おーぷん 2015/07/07(火) 19:50:34 ID:9H5 
>>896
元気になった896のことを見たら、愛犬は絶対喜ぶよ
前向きになれて、本当に良かった

913: 896 2015/07/07(火) 21:08:44 ID:lDf 
>>911
そうかな。そうだといいな。
ありがとう。

914: 名無しさん@おーぷん 2015/07/07(火) 21:38:25 ID:2sx 
>>913
「虹の橋」って知ってる?
もし知らなかったらググってみてくれ

俺は妻子養わなきゃいけないからまだ迎えにいけないけど、
再会した時に一杯話が出来るように、
精一杯今を生きる事にしたよ

915: 名無しさん@おーぷん 2015/07/07(火) 22:44:16 ID:lDf 
>>914
これはあって欲しいな。
914同様俺もしばらく待たせてしまうが。


厳選おすすめ記事
飲食店で注文したピザとパスタを子連れ客に遠回しにクレクレされたので店員を呼んだ。俺「隣の乞食が五月蠅いから席を変えてくれ」→すると子連れがキレ始めて…

午前3時に突撃してきたストーカーと雑誌の取材を受けた事がきっかけで粘着してきたメンヘラをそれぞれ撃退した話。

震災発生直後に我が家の物置をバールでこじ開けてキャンプ用品を持ち去ろうとしたママと町内会長を交えて話し合いをする事に→するとママ側がまるで被害者のように振る舞い始めて…

電車で。優先席に座ってた若い女性に中年女性が「ここ誰のための席だか分かってるの?」と絡み始めた→若い女性が鞄に付けてるヘルプマークに気付いてない様子なので注意したら…

食費が折半なのに一人で料理を食べ尽くす彼氏にイラついてる。しかも私が食べてない事に気付いておらず…

所属部署で最年少の私をまるで秘書みたいに扱う先輩達の事を上司に相談したら私だけ別の部屋で仕事する事になった→すると今度はLINEであれこれ言われるように…

とある民放番組のせいで人生が滅茶苦茶になった話を聞いてください。

私の行動を見て子供への思いやりが欠如してると感じたというママ友に無視され続けて困ってる。何でも話せる人はこのママだけなので関係を修復したいのですが…






引用元 https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1432971906/